不時現象・桜

秋に桜などの春の花が咲くことがある。 このような現象を、時にあらずということで、 「不時(ふじ)現象」と呼んでいる。気象用語である。

続きを読む «不時現象・桜»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: | コメントする

スダチ塩

最近、iNetのあちらこちらで塩レモンが話題になっている。冬の寒さに耐えられないから、鄙里にレモンの木はないが、スダチやカボスが実ってきて、薄く黄色を帯びつつあるのでスダチを使った塩スダチを仕込んでみた。

続きを読む «スダチ塩»

カテゴリー: 四季茫猿, 鑑定士残日録 | タグ: | コメントする

彼岸入り・敬老の日

お彼岸の入りは敬老の日でもある。敬老の日、秋分の日、土曜日曜・有給休暇を組み合わせれば17日から25日まで九日間の連休、シルバーウイークである。朱夏が終わり白秋が到来する頃に敬老の日があり、シルバーウイークがある。華やぎ沸き立つ陽春五月ゴールデンウイークに較べれば、玄冬がちかくに望める敬老の日でもある。

続きを読む «彼岸入り・敬老の日»

カテゴリー: 茫猿残日録 | コメントする

情報開示進む・H29地価公示

少しばかり旧聞になりますが、2016/08/29に 国交省土地・建設産業局の平成29年度予算の概算要求が公表されました。概算要求書には興味深い事項が二つほど盛り込まれています。 一つは不動産情報の整備・提供の充実等であり、もう一つは既存住宅・不動産流通市場の活性化です。 [H29土地・建設産業局予算概算要求書・PDF]

続きを読む «情報開示進む・H29地価公示»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士

「ZENRIN・GISパッケージ不動産鑑定士」が公開された。ワンストップで住宅地図、ブルーマップ、都市計画用途地域図、地価公示位置図、地価調査位置図、相続税路線価図、固定資産税路線価図の七アイテムが月額10,000円で利用できる不動産鑑定士専用の地図アプリである。そこで、09/25まで無料公開されている試用版を試してみた。「ZENRIN・GISパッケージ不動産鑑定士」試用版はサクサクと動いて快適である。用途図も見易いし、検索や計測も容易であり、A3〜A4印刷も容易である。

続きを読む «ZENRIN GISパッケージ 不動産鑑定士»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

お彼岸近し

秋分の日が近くなって、昇る朝日が茫猿の過ごす部屋の窓から見えるようになつた。夏至の頃は北東方の隣家の陰になっていたけれど、今朝は水田が広がる地平線から、窓の外の鄙桜越しに昇ってくる。 真夏には朝陽と云えども日ざしは厳しかったが、今朝あたりでは柔らかく部屋を照らしている。これから日毎に朝日は昇る方角を南東方向に移してゆき、日ざしが懐かしく暖かく思えるようになってゆく。

続きを読む «お彼岸近し»

カテゴリー: 四季茫猿 | コメントする

Katsura Imperial Villa

2016/09/07  六月の初めに参観予約がしてあった桂離宮を訪ねてきた。京都駅前のバスターミナルから市バス33号線に乗り、桂川大橋を渡ってすぐに桂離宮は存在する。桂川は嵐山までは保津川、嵐山付近からは桂川と名前を変え、鴨川と合流したあとは宇治川とも合流して淀川となる河川である。

桂離宮の印象を一言で云えば”精緻”であろうか。幾つかある茶室と露地の集合体とも云える。庭園の隅々まで手入れが行き届き、植込みも露地の踏み石も、茶屋も待合いも苑景にしっくりと馴染んでいた。ブルーノタウトが「泣きたくなるほどに美しい」と言ったと伝わるのも、然もありなんと思える。

続きを読む «Katsura Imperial Villa»

カテゴリー: 茫猿残日録 | コメントする

二百十日も無事すぎて

九州とくに熊本地方への被害が懸念された台風12号は、山口県沖で熱帯低気圧に変わった。台風通過地域では大きな被害をもたらすことなく終わり、やれやれであろう。岩手県岩泉町や北海道音更町では台風10号がもたらした豪雨被害が今も続いているようである。岩泉町は「農家の嫁事件簿」発行者がお住まいになっている町であり、音更町は北海道不動産鑑定士会・会長がお住まいになっている。詳しい事情は何も伝わってこないけれど、ご自宅の被害もさることながら、近隣周辺の被害の大きさに何かとたいへんな日々をお過ごしのことであろうと、遠くよりお見舞い申し上げます。

続きを読む «二百十日も無事すぎて»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: , | コメントする

特に語ることもないが−2(原発と国策)

前号記事に続いて、語ることもない由無し事を綴っている。お暇であれば。

続きを読む «特に語ることもないが−2(原発と国策)»

カテゴリー: 茫猿残日録 | コメントする

特に語ることもなし−1(会議あれこれ)

標題を”特に語ることもなし”としたが、最初はいつものように”書くこともなし”とした。しかし、「鄙からの発信」はWebSiteである。書いているわけではない。キーボードを叩いているのである。といって、”叩くこともなし”では意味不明となる。であれば、”語ることもなし”と叩くのが妥当かなと考えた。

続きを読む «特に語ることもなし−1(会議あれこれ)»

カテゴリー: 茫猿残日録 | コメントする